対人賠償保険とは

対人賠償保険は、相手の車に乗っている人、歩行者、同乗者など他人を死亡、または負傷させて法律上の損害賠償責任をおったときに、自賠責保険から支払われる保険金額をオーバーした部分の保険金を支払う保険のことです。
自賠責保険の場合、それぞれ支払の限度額が決まっていますが、死亡事故や重傷事故を起こしたときには、限度額を超えた億単位の賠償額になることもあります。

この時に、任意で対人保険に入ってないと超えた金額を加害者が全て支払うことになります。
保険に入っていないことで被害者は充分な賠償を受けることも出来ませんし、加害者も賠償金の負担で苦しむことになります。
そのため、加入している人も多く保険金額も無制限に設定することもあります。


 

対人保険の支払対象は他人になるので、被保険者以外の人のことで、被保険者は対人賠償の対象にはなりません。
また、被保険者の配偶者や子供も保険支払の対象外になることもあります。
例えば、自分の自動車で事故を起こして助手席や後部座席に配偶者や子供がいた場合、対人保険の支払はありません。
よく駐車場で自分の子供をはねてしまう事故もありますが、この場合も保険金は支払われません。

対人保険の場合は、被保険者の定義をよく理解して確認しておかないと、事故にあったときに全く保険金が支払われなかったということにもなります。
そのため、対人保険以外にも万一に備えて、別の保険にも加入しておくことが大切です。