契約保険金額を上限にできるという特徴

自動車事故で相手にケガを負わせたり、または死亡させてしまった場合、法律上の損害賠償責任が追及されることになってしまいます。
その場合の損害賠償額については、被害者の年齢や職業などによって、将来的な逸失利益も異なってくるため、かなり金額に幅がありますが、実際に民事訴訟を提起されたケースでは、数千万円から数億円の高額賠償が判決によって命じられることさえあります。


いっぽう、すべての自動車が加入させられている自賠責保険では、もちろん被害者死亡の場合についても保険金が下りることになっていますが、その上限額は3,000万円と決められているため、実際の法律上の損害賠償額よりも低すぎて、支払いが困難になってしまうようなことにもつながりかねません。
そこで自賠責保険とあわせて加入することが必要となるのが、任意の自動車保険の一種である対人賠償保険とよばれるものです。
この対人賠償保険では、保険金額として、いざというときに支払われる保険金の上限を契約した人みずからが設定することが可能という特徴があるため、相手が死亡してしまった場合、これを上限として保険金が支払われることになります。
相手の遺族から思わぬ高額賠償を請求されたようなケースであったとしても、この対人賠償保険に加入していれば、必要な金額を工面することができます。

Comments are closed.