故意の事故には保険金は支払われない場合がある

対人賠償保険は、自動車事故によって他人の身体にケガを負わせたり、または死亡させたりした場合について、必要な損害賠償責任を果たすために補償が行われる自動車保険です。
こうした場合の損害賠償責任というのは、過去の判例では数千万円から数億円といわれるような高額にのぼる場合があり、自賠責保険だけでとても乗りきれるような金額ではありません。
そのため、ドライバーの多くは、対人賠償保険のなかでも賠償金額を無制限に設定して、このようなリスクから回避するように工夫を図っています。
しかしながら、対人賠償保険は他人のケガや死亡といった外形上の条件さえ満たせば、すべての場合について補償の対象となるわけではなく、おのずと例外的な場合も存在しています。


例えば、契約中の自動車を運転している人が故意で起こした事故については、他人にケガを負わせたとしても、保険金が支払われない場合もあるということです。
保険証券に名前が記載されている記名被保険者が運転していた場合には、もちろん他の契約者との公平性を考慮して、支払いの対象からは外されてしまいます。
友人・知人などが契約中の自動車を借りて運転していた場合についても、やはり支払われないというのが原則ですが、運行供用者責任として契約している側にも損害賠償責任が及ぶ場合については、その範囲内で支払いが行われ、結果として被害者保護を優先することはあり得ます。

Comments are closed.