高額賠償に備える補償の特徴

法律によって加入が強制されている自賠責保険には支払限度額があり、死亡事故の場合であれば被害者1名あたり3,000万円まで、重度の後遺障害の場合は被害者1名あたり4,000万円までですが、完治するようなケガの場合には、被害者1名あたりでわずか120万円と決められており、物損事故についてはまったく保険金は支払われません。
しかしながら、自賠責保険というのは、交通事の被害者に対する最低限の補償というものをイメージしてつくられた制度ですので、加害者の実際の法的責任というのは、この保険金の金額をはるかに上回る場合が多いものです。


人身事故について加害者・被害者双方に争いがあり、裁判が行われたケースでは、これまでに加害者側が5億円以上という高額賠償を命じた判決なども出ています。
これだけの高額となれば、自賠責保険の保険金では絶対に支払いが困難なものですので、ドライバーの大多数は、自賠責保険のほかにも、任意保険の対人保険にも加入しています。
これは、事故の相手の自動車に乗っていた人や歩行者、同乗者などの他人を死傷させてしまった場合について、必要となる保険金が支払われるというものですが、対人無制限として保険金額を設定することによって、高額判決があった場合にも対応できるようになります。

Comments are closed.