自然災害での損害は補償の対象外

対人賠償保険は、自動車を運転中に事故を起こすなどして、他人を死傷させてしまった場合について、その人的な損害を補償することを目的とした自動車保険です。
相手が他人であれば、自動車同士の正面衝突などで相手にケガを負わせてしまった場合、歩道にいた歩行者に自動車ごと突っ込んでケガをさせてしまった場合、どちらの場合であっても適用させることができます。
反対に、ケガをしたのが家族などであった場合には、他人という定義にはあてはまりませんので、この保険は適用されず、人身傷害保険などの別の自動車保険で対応することになります。


ただし、被害者が他人であれば、いかなる場合についても適用対象となるのかといえばそうではなく、おのずと約款に記載さたれルールというものが存在しています。
例えば、地震・噴火やこれにともなう津波によって生じた事故、台風、洪水、高潮によって生じた事故など、いわゆる自然災害が原因となっているものについては対象外とされています。
これらが偶発的な事故であるのはもちろんですが、人間の過失によって引き起こされるものとは違い、被害が広範囲に及ぶために通常の保険ではリスクを背負いきれないといった事情があるためです。

Comments are closed.