対人賠償保障について注意しておく必要のあること

自動車保険の対人賠償保障というのは、自動車事故で相手にケガをさせたり、死亡させてしまったようなケースについて、その損害を賠償することを目的とした契約のことをいいます。自動車保険のなかでももっとも基本となる契約で、多くのドライバーが加入しているものでもありますが、いくつか注意しておく必要のあることもあります。
まず、この契約では実際に保険金として支払われる金額の上限を加入者が選択することができることから、できれば無制限として設定しておく必要があるということです。自動車事故による被害者死亡のケースでは、最近の判例をみると数億円規模という多額の損害賠償を命じられているものもあることから、無制限として設定しておかないと、損害賠償金の支払いができなくなってしまうというおそれがあるためです。設定する金額が少ないほど毎年の保険料も安くなるというのは事実ですが、事故の加害者になってしまったときのことを考えれば、やはり多少は高くても充実した内容で契約をすることが大切です。


また、対人賠償はあくまでも他人が事故の被害者となるケースを想定していますので、家族などが被害者となった場合には適用されないということです。このようなケースにも対応させるためには、人身傷害保険などの、別の保険類型についても契約をしておく必要があります。

Comments are closed.