運転者が死傷した場合の補償とは

運転者が死傷した場合の補償には、自損事故傷害特約(自損事故危険担保特約)があります。
これは、相手のいない単独自動車事故で、自賠責保険で対象とならない運転する人や所有者の死亡や怪我、後遺障害を被ったときに保険金が保険金が支払われる特約です。

運転する人の運転操作ミスでの単独事故(ガードレールに衝突、電柱に激突、崖から転落など)では、同乗者の怪我や死亡は自賠責保険から保険金が支払われますが、運転する人は対象外になります。
この特約は、対人賠償保険に加入することで自動的に付帯されているので、この特約だけを加えるというのはあまりありません。


 

対人賠償保険では、契約の車に搭乗者の人が事故で死傷されたときに発生する損害に対しての補償です。
損害費用には、死亡による葬儀費、死亡や後遺障害による逸失利益・精神的損害・その他実費、後遺障害による将来の介護料、傷害による医療費・休業損害・精神的損害、損害防止費用、求償権保全費用などがあります。

また、人身傷害の特約を付帯することで、保険証券に記載された被保険者と配偶者、または同居の親族や別居の未婚の子が他の自動車に登場しているときや、歩行中の自動車との事故も補償されます。
内容は、特約によって違ってきます。

Comments are closed.