自賠責の上乗せについて

自賠責保険は、自動車事故によって被害を受けた人を救済するため、すべての自動車が加入しなければならないこととなっている強制保険で、実際に契約や保険金請求などの窓口を担っているのはそれぞれの損害保険会社ですが、保険金の支払基準などについては、国が直接定めるようになっています。
この制度によって、万が一自動車事故が起きた場合でも、被害者には最低限の補償が行われることになっていますが、実際に法律上の損害賠償として必要になる金額というのは、保険金として支払われる金額よりも、はるかに大きなものとなってしまう場合が多いといえます。


このため、実際に損害賠償の金額にあわせて、さらに補償を上乗せするために、多くのドライバーが任意で加入している自動車保険が、対人賠償保険とよばれるものになります。
このような保険に加入すると、相手のケガの治療費、仕事を休んだ際の休業補償、通院のための交通費、慰謝料などといった、法律上の損害賠償責任がある金額にあわせて保険金が支払われるようになますので、いざというときにもお金の心配をしないで乗り切ることができるようになります。
また、自動車事故の当事者の間の過失割合を決める場合の示談交渉なども、保険会社のほうで本人にかわって行ってもらえますので便利です。

Comments are closed.