人身事故で高額の判決をくだされるケース

自動車事故によってケガなどの被害に遭った人を救済するのが目的で制度化されている自賠責保険では、こうした事故の場合に、最低限の損害賠償としての保険金が支払われることになります。


しかし、実際の自動車事故による損害賠償金を確認してみると、自賠責保険による保険金だけではきわめて不十分であることがうかがわれます。
自動車による人身事故の損害としては、治療費や葬儀費用などといった、事故が原因となって実際にかかった費用にあたる積極的損害、本来生きていれば給料などで得られたであろう逸失利益にあたる消極的損害、事故の精神的な被害に対応する慰謝料が主に認められることになります。
日本損害保険協会の調べによれば、自動車事故を巡る訴訟になり高額判決が出たケースとしては、働き盛りの医師が死亡した場合で5億円以上、将来のある若い大学生の後遺障害で3億円以上というものがあります。
これらは、特に被害者の職業から計算した逸失利益、永続的な身体の障害を負ったことによる将来的な介護費用などが、かなりシビアに判決のなかで盛り込まれたものといえます。
このように、誰でも加害者となり得る自動車事故では、思わぬ巨額の損害賠償が必要となるケースもあるため、いざというときのため対人賠償保険などにしっかりと加入しておく必要があります。

Comments are closed.